読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニスの臭いのアトリエ水彩画デッサン花瓶の水

なんだかいつもやる気がなくてぼーっとしている。「頑張れ」は下手に頑張ることなく頑張ることで果たされている、そんなもの小学生でもわかる。完璧じゃなきゃ私なんていらない。だから私は頑張って頑張って頑張って1が1であるために99を犠牲にしてきて、それでどうなったんだっけ?



文化祭の準備が着々と進んでいます。


高校の体育祭は誰も近付かないような青ざめたコンクリート造りの階段下で寝てた。文化祭は模造紙にイラストを描くためにお尻をつきだしてキャイキャイする女の子のパンツを覗いてキャイキャイしてた。私いまゼミの文化祭準備で買い出しとか行っちゃってる、これはとてつもない進化だぞ。

やりたくないことは徹底的にやらない人間だから、みんなすごいなあって思う。みんなすごいなあ。
青春のはしっこで、舞台の袖かすかにもれたスポットライトの光を「人様のおこぼれで生きれて光栄」って思いたい人生のただ中にいるなんて信じられないなあ。


マイペースなんじゃなくてまじでどうでもいいって思ってるんだよね。
でもやればできる子って言い張って文化祭くらいは頑張って早起きするね。