読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝食に毒を密かに盛れ ながい土曜日を終らせる為に

文化祭1日目だった。ゼミはとてもよかったとても頑張った、みんな声を張り上げていたし看板は女の子みたいで可愛いし冷凍のナゲットはよい揚げ具合に魔法の粉でとびきりのナゲットに仕上がっていた。お財布さんは律儀に文化祭まできてくれてナゲット全種類買っていったのがほんとうにキモいと思ったけど売上に貢献してくれたのでばいばいするのはもう少し先伸ばしにしてやろうという呪いをかけた。女の子のエプロン三角巾姿ってみょうにそそるよね。みんなキラキラしていてそのキラキラを私は眺めているだけの足手まといだけれどどうかここに置かせて。上とか下とか役割とか学年とか関係なしに頑張れるのが文化祭なのに文句たれている人は頭が悪いんだろうなあと思う。要領悪いんだろうなあと思う。生き辛いのかな。

そのあとバドミントンして腕までパンパンにするというハードスケジュールだった。ショットうつとき服がひるがえるの綺麗。
イタリアンレストランでお財布さんの話をしたら左頬をぺちっとやられた。クソビッチとか思ってるんでしょ?心配してくれてありがとう。



明日はお財布さんを呼び出してまた大人買いさせようかなとか黒いこと考えてたら、まさかみんなくるなんておいちゃんがくるなんてなんでそんな余計なことするの学校にいる自分とか一番見られたくないのにどうやって笑えばいいかわからない、自分が自分じゃなくなった瞬間を意識するときが一番エグい。
来てくれたら嬉しいなどうか来ませんようにがごちゃまぜでうわー!ってなってる、今夜砂嵐を起こしたのは私なのです。