読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強でいてよ僕の特別

はじめから叶わないと分かりきっている恋だからこんなに夢中になれるのよ。
私は別に、付き合いたいわけではなくてましてやキスがしたいとか手を繋ぎたいとか抱き締めたいとかセックスしたいとか、そういう男女の関係になりたいとは一切思っていないし、私の恋に恋してる勘違いでおいちゃんのことを汚したくは絶対にないと思う。これはアイドルとファンの関係である。
だけど私たちはいつか死ぬのよ。信じられないかもしれないけれど、私たちは絶対にいつか死ぬ。
自分のこと好きだって言ってくれる人が一人でもいてくれるなら私生きててよかったって思うもの、おいちゃんもそうであるなら(そうであってほしい)私はおいちゃんに好きってちゃんと言わないといけない。死んで終わりなんて許さない。
私本当に誰かのこと好きになったことないし、なったとしたらそれは女の子だったのかもしれないし、キスしたときと手つないだときはさすがにトキメキはしたけれど、それは単純に人と人との触れあいに感動しただけかもしれなくて、それを彼氏にあてはめちゃうの失礼かもしれないけど今更。おいちゃんは違う、おいちゃんの一挙手一投足で悲しくなったり嬉しくなったり言葉なんて敵わないくらいくるくるくるくる神様お願いなんて気持ちになるわけで、私の初恋かもしれないのに。それでも好きな人と大切にしなきゃいけない人は違うから私は全部終わらせて、私があなたのことを好きだってことをきちんと伝えられれば、私は今度こそちゃんと彼氏のことを好きになれるし向き合える気もする。今のまま彼氏と結婚して間違って子供なんか生まれちゃっておいちゃんに「おめでとう」なんて言われたら私そのあとの人生ずっと死にたいだろうしおいちゃんのこときっと呪ってしまうと思うのだ。
好きっていいたいな好きっていって傷つけてみたいなせめておいちゃんの中に入り込むために、もはや仮想敵になりたい。

たくさんお話できて嬉しかった!

また来週また来週また来週