読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋上から落ちる最中

倒れたときのことを私は覚えていません。
ただいつも漠然と「死ねなかったな」と思うだけです。屋上から落ちる影に憧れていました。
海で溺死しようと思ったとき、濁った水中からみたあの光は天国だったのかもしれないが、低体温症の私の腕に点滴をブスブス刺すあの何も見ていないような瞳に、ここは天国でも地獄でもないただの私のつまらない日常なんだと思い知ったのです。
このブログにはじめから意味なんてないが、生まれたことに意味なんてないが、生きていくことに意味なんてないが、死ぬことに意味なんてないが、あなた方が当然のように過ごした今日は生きたくても生きられなかった誰かの今日であると同時に死にたくても死にきれなかったどうしようもない私の今日です。覚えておいてください。どうか。


私はただ白く淡い光に満ちた朝が欲しかっただけなんです。朝は怖いものじゃないよって抱き締められたかっただけなんです。朝のミルクが欲しかっただけなんです。好きな人の温度のシャワーで生きてるって心から感じられたならそれが全てだっただけなんです。私は責めたかったわけじゃないよ愛してるって言って欲しかっただけなんだよ、お母さん。
ずっとずっとずっとそういうことにずっと憧れているんです。私はいつも手の届かないものに恋をするきらいがあります。


安定してたんだけどね、生まれて始めて真下から花火を見たりして。地べたに寝転がって、服が汚れないようにってハンカチ広げてくれる優しい恋人が隣にいて、あっうん面倒くさいですね文字におこすのは頭を使うのは思い出すのは面倒くさいですね生きるのも死ぬのもなんで私はこんなふうになっちゃったんだろうなんで安心して生きられないんだろうあれだけ自己分析したってだから何自分のことがわかたって自分が生きてるだなんてどうしたらわかるのねえ心理学を学んだって病気が治るわけじゃないよ大好きな人がいたって病気が治るわけじゃないよ神様じゃないよ神様じゃないんだよ死ぬのはお前なんだよ生きるのもお前なんだよ戦うのはお前なんだよお前でしかないんだから私の痛みが誰にもわかられてたまるかよバーカどいつもこいつも死ねくそがってのは死にたいと何が違うんだろうね最近思うんだ自殺も他殺もスタート地点は一緒なんじゃないかって同情してほしかったわけじゃないよ可哀想って思われたくて腕を切ったことは一度もないよただそういうやり方しか知らないんだよ愛され方を学ばなかった子供が子供を殺めるのと一緒だよダミーの痛みを見てるとほんのその場しのぎでも安心できるんだものこれは脳の作用だから私たちの心は脳は意思はただの脳の電気信号で我々が信じる美しい魂とやらはどこにもなくてならばあなたの言葉は磁気を発しているか届くか私のシナプスに121グラムの私を抱き締めてね薬飲みたいリストカットをやめるには違う脳みそを使うことですが我々は脳みそに地獄を飼っていますわかってほしいなんて絶対思わないその押し付けがましさはひたすらにエゴイズムで自己主張が激しいくせに改善する気もない卑怯者ですめんどくせえなあというやつです私はメンヘラながらにメンヘラを軽蔑しますが君にもいろいろあったんだねかわいそうだねそうなったのは君のせいじゃないよ君のせいじゃないよ君のせいじゃないよ透明の罪に脅されて生きていることそのものに罪の意識を感じていますだなんてずいぶんたいそうな遺伝子ですね私はおいちゃんの死体を見たいですおいちゃんの骨を食べて灰を食べて次の日死にたいですそれが私の人生の最終目標ですがそれにも限界がきています自分を壊して壊して壊して再生することでなんとか進化してきましたしかし細胞もいつかは分裂をやめますそのときぐちゃぐちゃの私を抱き締めてほしいおいちゃんの好きな熱めのお湯浴室バスタブの中で向き合うとき世界でここが一番美しく安らかで幸福に溢れていると感じます、もう見たくないわたしも見たくない傷跡を心底軽蔑した目で見て怒るあなたが好きです私は人が克服するべき発達課題をいくつかすっ飛ばしてきてしまいましたそれを取り戻す作業を今日から始めたいと思います未来に希望はありません風俗おちしてでも私はたくさんお金を稼いでおいちゃんを主夫にさせて疲れない体健やかにゆるやかに監禁されてほしいですからその約束をおいちゃんと交わしても笑っても見たこともない未来に脅されて毎日息ができません息ができないんです毎日呼吸がうまくできないんです苦しいです酸素が足りないんですどうして私だけ?自傷行為の原因もトラウマの原理も病理も私が説明しなくてもひとたびパソコンを開けば光の速さで手に入る時代ですいちいち私に聞かないで説明すんのもめんどうなの愛はコンビニで買えますよもうこのまま年をとるのは辛いです何もわからないまま年をとるのは辛いきっと今の私の孤独なんて全然たいしたことないような日がくるのでしょうかそれとも馬鹿な杞憂だったと笑える日がくるのでしょうか
頑張るよ、大嫌いな8月をこえれば、今日をこえれば、あと1日、あと1時間、あと1分、あと1秒、そうやってどうにか生き延ばしていこうね。