読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたしだって泣くんだよ

私の彼氏はDVクソ野郎



左頬を何度も叩かれて頭をサイドウインドウに叩きつけられ「何もしゃべるな」と首を絞められた。
殴られることに慣れすぎて(肌弱くてちょっとの刺激ですぐ赤くなるからやめてよぉ)となぜか肌の心配をする強靭な精神をいつからか手に入れた。
これでも優しい方なのだから笑えてくる。



頭おかしいってよく言われるんだ、昔からそればっかり言われてきたけど私は人を殴ったりしない。
夏の暑い日放置された段ボールの中の猫...ウジ虫の涌くところのドキドキ、それでも私は倫理で道徳で人をなぜ殺してはいけないか知ってる、どうしたら人は死ぬかも想像ができる。そうじゃない人間がこんなに身近にいるので私は自分がまともだと自覚せざるを得ない。私はそっち側にはいけない普通の人間である。
あっち側の彼氏の精神構造、生い立ち、家庭環境、彼を構成する不穏分子を努めて冷静に分析するしか私に術はないの。
考え続けなければならない、考えることをやめてはならない。
考えることでしか生きていけないし、生きてこれなかったんだから。

殴られる私の精神構造生い立ち家庭環境を考える。
まあ正直被害者になりやすい人種というものはあると思うんだ。たぶん、私でなければ彼は暴力を振るわないと思うし、そういえばおばあちゃんを殺した叔父は元気だろうか。つまりそういうことだ。
私しか見ることのできなかった光景。
メンヘラから幾分遠ざかったとは思っていたけど結局こういうことから離れられないのなら本人に自覚がないにしろ性質としてはまるで何も変わっていない。だけど私はこんなことでは崩れない。悲しくもない。
彼が力で私を叩きのめすのなら、私は大勢の前でお前は屑だと罵り、私に対する態度や暴力を公表して、立場や力関係を見せつけ、繰り返し罵倒することで自分はダメな人間であるとそれ以外の思考や判断力を奪い、絶対的に服従させる。
ちなみにこれは言葉の暴力とか精神的DVとか言うらしい笑
目には目を


明日は女の子たちとカラオケ♥
のはずなのに顎は痛いわ頭痛がするわ眠れないわで絶不調!!ふざけんなきったない爪のあとを残しやがって